髪の毛がべたつく女性必見!べたつきの原因とできる対策とは?

57view

2018.07.30

髪の毛が脂っぽくてべたつく、その原因は?

誤ったシャンプー方法

髪の毛がべたつく原因の1つに、正しいシャンプーをしていなことが挙げられます。お湯の温度や力加減を気をつけないと頭皮トラブルの元になります。頭皮のべたつきに悩んでいる方はシャンプー方法を一度見直しましょう。

朝のシャワーもべたつきを起こす原因になります。シャワーを浴びることで、就寝時に分泌していた皮脂を洗い流し、頭皮バリアの役目をしていた皮脂がなくなることで、紫外線やほこりで頭皮が刺激を受けやすくなります。

脂っこい食べ物や糖分を過剰に摂取している

ラーメンや揚げ物、ジャンクフードなど、脂っこい食べ物や糖分を過剰に摂取すると、血中に溶けだし皮脂が頭皮やお肌からでてきます。頭皮のべたつきだけでなく、脂っこい食べ物を取り続けることで生活習慣病にかかりやすくなるので注意しましょう。脂っこいものやジャンクフードは、美味しいですが量を加減し、野菜中心の食事を意識しましょう。

紫外線対策をしていない

外出時に紫外線対策をしていますか。紫外線が強くなる春〜夏に対策を取る方は多いですが、秋〜冬も紫外線対策は必要です。紫外線を浴びた頭皮は水分が蒸発することで乾燥し、その乾燥を潤すために皮脂が過剰に分泌します。その結果、過剰時分泌した皮脂が頭皮のべたつきの原因になります。

お風呂上がりにすぐに髪の毛を乾かさない

お風呂上がりは早めに髪の毛を乾かしましょう。濡れたままにしておくと頭皮に雑菌が繁殖し、頭皮のかゆみやべたつきなどの頭皮トラブルを起こし薄毛の原因になります。夏場は自然乾燥にする方が多いですが、必ずドライヤーで乾かしましょう。

スタイリング剤を使いすぎ

髪の毛のセットで欠かせないスタイリング剤。今はムースやクリーム、スプレータイプなど種類が豊富に販売されています。過剰にスタイリング剤をつけると洗い残しが発生し、頭皮トラブルの原因になるので適正な量を使用しましょう。

特に気をつけたいのはスプレータイプのスタイリング剤です。ガチガチに固めると、1回のシャンプーではなかなか落とすことができず、何度も洗うことになります。洗いすぎることで、頭皮が乾燥し過剰に皮脂が分泌されてしまい、べたつきの原因になります。

恐怖!べたつきで起こるトラブル

髪の毛がベタついている状態は、頭皮トラブルが発生しており、べたつき以外に頭皮の臭いや毛穴のつまりなど、薄毛を進行させる原因が多く発生しています。頭皮トラブルを放っておくと、頭皮にニキビなどの炎症が起き、脂漏性皮膚炎という皮膚炎を引き起こ原因になります。

髪の毛のべたつきはどう対処すればいい?

正しいシャンプーの方法を知ろう!

正しいシャンプーをすることで、髪の毛のべたつきを抑えることができます。以下の手順で洗ってみましょう。ポイントさえ抑えれば、今日から取り組めます。

<正しいヘアケア>

1,シャンプー前に事前にブラッシングを行い、髪の毛の絡まりをなくす

2,シャワーの温度は、35〜40℃ぐらいに設定し、シャンプーを付けず、まずは温水だけで予洗いする

3,シャンプーは泡立ててから、指の腹を使い優しく揉むように洗う

4,すすぎは洗髪時間の2〜3倍の時間をかけて、しっかりと洗い流す(特に生え際、後頭部に注意)

5,ドライヤーは20センチぐらい離し、根本から乾かす

脂ものは控えめに栄養バランスの整った食事を!

食事を野菜や魚中心の和食に切り替え栄養バランスが整った食事を心がけましょう。髪の毛に必要な栄養素は、タンパク質、亜鉛、ビタミンです。和食であればタンパク質は大豆やお魚、亜鉛は納豆やごまなどに、ビタミンは野菜や果物から摂取できます。食事を意識することでべたつきを改善し薄毛の進行を遅らせることができます。

夏のケアは頭皮まで紫外線対策を行おう!

紫外線のケアは顔や手足には気を使いますが、忘れがちなのが頭皮です。帽子や日傘で簡単に対策できるので、取り入れてみましょう。仕事などで帽子や日傘が難しい場合は、頭皮用の紫外線対策のスプレーが販売しているのでぜひ使ってみましょう。

頭皮に優しいスタイリング剤を使う

髪のべたつきを避けるには、スタイリング剤の使用をやめることが1番効果的です。しかし、スタイリング剤が欠かせないという方も多いですよね。最近では、頭皮に優しいスタイリング剤が販売されているので、一度使用してみることをおすすめします。

また、スタイリング剤を使用した日は、その日のうちに必ず洗い流しましょう。スプレータイプを使用し髪の毛がガチガチに固まっている時は、以下の手順で落とせるので参考にしてくださいね。

<スプレー剤を使用した時の洗い方>

1,シャワーで髪の毛全体を濡らす

2,コンディショナーで、固まっている箇所を揉み込む

3,一度流し、いつも通りシャンプーをする

コンディショナーを先に行うことで、スタイリング剤と乳化し髪の毛がほぐれやすくなります。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る