女性が薄毛になる4つの原因とは?対策法と合わせて徹底紹介!

58view

2018.07.30

女性が薄毛になる4つの原因とは

ダイエットなどによる栄養不足

人間は食物などから栄養素を摂取し、生きるエネルギーに変換したり、体の機能を正常に動かしたりする成分として使用します。ところが、髪の毛は体の中でも栄養素が行き渡るのが最後のため、摂取した栄養素が十分でないと髪の毛の生成のための栄養が不足し、生成がストップしてしまうので薄毛を引き起こします。

髪の毛への栄養が不足するのは、ダイエットのほかにも、赤ちゃんへの母乳生成に栄養素を多く使う授乳期にも現れます。

血行不良

体に血行不良が生じてしまうと、血管を通じて髪の毛まで栄養が送られにくくなってしまいますので、髪の毛の生成が止まってしまい、薄毛の原因のひとつになります。

髪に負担をかける

ポニーテールやお団子といった髪の毛を引っ張るヘアスタイルを多用する、エクステやウィッグの頻繁な使用、カラーリングやパーマの施術を繰り返すなど、髪の毛に物理的な負担をかけ続けるのも薄毛の原因となります。

髪の毛を引っ張るヘアスタイルやエクステ、ウィッグは頭皮に負担をかけ続けているので、いずれは髪が頭皮から抜けてしまいます。それ以外にも、ずっと髪の毛の分け目を同じにしていると、分け目の髪の毛に負荷をかけているため、これも同じく髪が抜けやすくなってしまいます。

また、髪のパーマやカラーで使うカラーリング剤やパーマ剤は直接頭皮に塗られるため、頭皮に負担をかけてしまいます。頻繁に繰り返していると炎症やかゆみ、脱毛などを引き起こしてしまい、薄毛の原因になってしまいます。

女性ホルモンの変化

女性ホルモンのひとつである「エストロゲン」は、女性の髪の生成や健全な状態に保つ作用を持っていますが、何らかの原因で女性ホルモンのバランスが崩れると、エストロゲンの分泌量が減ってしまい、薄毛の原因となります。

ホルモンバランスが崩れる原因としては、女性ホルモンの分泌量が変化する生理前後や妊娠出産後、更年期、ピルの服用などが挙げられます。さらに、女性ホルモンの分泌量は年齢と共に減少するので、加齢も薄毛の原因のひとつとなります。

女性の薄毛解消のための4つの対策とは

栄養バランスを整える

過度なダイエットなどは控え、かつ栄養バランスの取れた食事を心がけると、体中に十分の栄養素が行きわたり、栄養不足による薄毛に効果的です。なお、胎児の発育や母乳の生成など、普段よりも多くの栄養素が必要になる妊娠中や授乳期にも、適切な栄養が取れるように食事内容を見直しましょう。なお、エストロゲンと似た性質を持つ大豆イソフラボンを摂取するなど、女性ホルモンを整える栄養素も摂取するとより効果的です。

また、髪の毛の生成や健やかに保つ成分が配合されたサプリメントの使用もおすすめです。お仕事や育児などで忙しく、なかなか自分の食事が見直せない方でも髪の毛の生成に必要な栄養素をサプリメントから摂取できます。

運動や体を温める

血行不良による薄毛を解消するには、血行を良くするのが効果的です。運動をしたり、体を冷やさないようにしたり、便秘を解消したりすると、体の血行が良くなり髪の毛にも栄養が行き渡るようになります。できることから始めていきましょう。

ヘアスタイルの変化や施術の頻度を減らす

髪に負担をかける、または同じヘアスタイルばかり繰り返しているなら、ヘアスタイルを見直してみるのがおすすめです。何か理由があってどうしてもヘアスタイルを崩すことはできないというときには、休日だけでも髪を下ろして、頭皮をリラックスさせましょう。また、カラーやパーマの頻度を減らすのも、頭皮を休ませるのに効果的ですので、薄毛の解消にも繋がります。

女性用の育毛剤を使用する

上記の対策をした上で、さらに女性用の育毛剤を使用すると、より効果的な薄毛対策ができます。女性用育毛剤には色々な成分や効能を持つものがあるので、自分の薄毛の症状や体質に合わせた育毛剤を選ぶとより効果的といえます。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る