女性の薄毛は頭皮の血行不良が重要な原因のひとつだった!

61view

2018.07.30

頭皮の血行不良が薄毛に与える影響

頭皮の血行不良の原因とは?

人の髪は血行が悪いと髪に充分な栄養が行き届かなくなり、毛が細くなって抜けやすい状態になります。頭皮の血行不良の対策と改善によって、いつまでも健康的で美しい髪を維持することができます。女性の薄毛の原因に頭皮の血行不良があるといわれています。

血行不良は頭皮に悪い影響を与えますが、その原因として運動不足、食生活の乱れ、ストレスなどがあげられます。女性の薄毛を防止するために、それらの生活習慣を改善することが大切になってきます。

頭皮の血行不良が髪に与える影響

頭皮が血行不良になると抜け毛が増えてしまうのはなぜでしょうか? それは血液中にある栄養素や酸素が頭皮までうまく流れて行かないことが要因となります。髪の毛まで届かなくなった栄養素は太くて丈夫な髪を作り出せなくなりますから、髪が細かくなったり抜けやすくなったりしてしまいます。

特に冷え性の人には血行不良の悩みを抱えた人が多く、パソコンやスマホなどを長時間使う人は目を酷使して血行不良を招きます。

血行不良を改善する方法とは

身体を冷やさない

女性は冷え性の方が多く、特に手や足先などの末端の冷えによってひどくなると痛みも出てきます。身体を冷やすことは血行不良の原因となりますから、特に冷え性の人は温かい食事をとったりお風呂にゆっくりと入ったりして身体を温めましょう。冷え性があると体温が正常であっても、手足の指先は常時冷えている状態です。

特に寒くなる時期は血流が悪くなり、心臓から送られる血液が身体の隅々まで行きわたらずに身体の末端部分が冷えてきます。また夏場では入浴にシャワーだけを利用したり、冷たい飲み物を多く摂ったりしがちです。夏のエアコンも効きすぎると身体を冷やしてしまいますから温度管理をきちんと行い、寒いときのために上着や靴下も必要になってくるでしょう。

食生活の乱れ

動物性脂肪や糖類は血液をドロドロにさせる性質があります。ですから肉類やケーキ、炭酸飲料などの過剰な摂取は控えるべきでしょう。海藻類や野菜類、大豆食品、果物などをしっかり食べるようにすることで、血行不良を改善させることができます。野菜だと生姜、ネギ、ニラ、ニンジン、かぼちゃ、さといもなどは身体を温める効果があります。

特に生姜はジンゲロールという辛味成分が血行を促進し、身体の温度を上げる働きがあります。ネギやニラにはアリシンという成分が含まれますが、このアリシンには血管を拡張させて血流を高める効果があります。またニンジンやカボチャには血液の循環をよくするビタミンEが豊富に含まれています。そして、魚介類のサバやイワシには血流をよくするDHAやEPAが豊富に含まれています。

運動不足の改善

血行不良の原因の中には筋肉量の不足があります。人は筋肉運動で血液を身体の隅々まで行き渡らせることができます。筋肉量が少なく運動量も小さいと、血液を全身に送ることができずに血行不良を起こしてしまいます。また女性に冷え性が多いのも、男性よりも筋肉量が少ないからです。

人は筋肉によって熱を発生させることができますし、身体を動かすことで血液の循環をよくすることができます。通勤や移動のときになるべく歩く距離を長くするような工夫も大切でしょう。また普段からデスクワークで1日中座っている人は特に運動不足に注意する必要があります。休日や仕事で空いた時間を利用してストレッチやウォーキングをしてなるべく身体を動かすようにしましょう。

ストレスによる血行不良

人はストレスを感じることで交感神経が優位となって緊張状態になります。この緊張状態が続くと、血管は収縮したままになりますから、血流が悪くなってしまいます。

しかもストレスによって出てくるアドレナリンという物質は、ストレスを緩和する働きと共に血球を活性化しますから血液の粘度を高めてしまいます。血液の粘度が高くなることで血流も悪くなってしまいます。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る