女性のつむじに薄毛が現れる原因とは?効果的な対策方法を紹介

62view

2018.07.30

つむじが薄毛になる原因とは?

外部からのダメージ

頭の頂点にあるつむじは、髪の毛に覆われていなく常に頭皮が露出しています。そのため、紫外線や汚れなど外部からのダメージを受けやすく、薄毛になりやすい箇所でもあります。

髪の毛を強く引っ張る

つむじの位置で高く縛り上げるポニーテールなど、つむじの近くにある髪の毛を強く引っ張り続けると、当然つむじの髪の毛や頭皮に負荷がかかり、髪の毛が抜けやすくなるため薄毛の原因となります。

ホルモンバランスの乱れ

女性の髪の生成や保全を司る女性ホルモンのエストロゲンの分泌が減ったり、ホルモンバランスが崩れたりすると、つむじを含めて女性の薄毛の原因になってしまいます。ホルモンバランスは生理や妊娠出産、更年期などのタイミングで崩れるほか、睡眠不足やストレスなど生活習慣でも崩れます。

また、加齢によってエストロゲンの分泌量は減少しますので、加齢と共につむじの薄毛が気になってくるという女性も少なくありません。

代謝が落ちる

髪の毛の生え変わりは体の代謝機能のひとつです。加齢やストレスなどの原因で体の代謝機能が落ちると、それだけ髪の毛の生え変わりのサイクルも滞ってしまうので、つむじの薄毛にも繋がります。さらに、代謝は体の血行とも深い関わりがあるので、頭皮の血行が滞り健康な髪が生えてこなくなるだけでなく、栄養素も髪に行きわたらなくなります。

栄養不足

髪の毛を新しく作るには栄養素が必要ですが、体の中で末端にある頭皮は、栄養素が行きわたる順序が最後になっています。色々な原因で体の中で栄養素が不足すると、頭皮まで栄養素が回らなくなってしまい、つむじの薄毛の原因になります。

つむじの薄毛が気になる女性必見の5つの対策とは

紫外線対策をする

つむじは常に外部に頭皮が露出している箇所のため、紫外線によるダメージを受け続けています。紫外線による日焼けはつむじの頭皮にもダメージを与え、薄毛を引き起こしてしまうため、帽子を被ったり、日傘をさしたりなどつむじに直射日光が当たらない対策をしましょう。

シャンプーなどを変えてみる

つむじの頭皮が炎症を起こしていると、髪の毛の生成サイクルが滞ってしまうので薄毛になってしまいます。使っているシャンプーやコンディショナーがあっていなかったり、パーマやカラーリングを繰り返したりすると頭皮の炎症やかぶれが起きてしまいます。さらに、頭皮の汚れが落ちていないと毛穴が詰まって炎症を起こします。

使っているシャンプーやコンディショナーが自分の頭皮と合っているか、合っていない時には変えてみると頭皮の炎症が収まり、つむじの薄毛が解消されることがあります。

髪の毛を引っ張る髪型を控える

つむじ周辺の髪の毛や頭皮を引っ張るような髪型は、当然負担がかかり薄毛の原因となります。ポニーテールなどのヘアスタイルを控えたり、エクステの使用を控えたりして、頭皮や髪の毛への負担を軽くすると効果的です。

生活習慣を見直す

運動不足によって血行不良が起きたり、必要な栄養素が取れていなかったりすると、髪の生成が阻害されてしまうので、適度な運動とバランスの良い食生活を心がけましょう。さらに、血行不良に加えて運動不足、ストレスなどは女性ホルモンのバランスが崩れる原因となりますので、生活習慣を見直して十分に休息を取ったり、ストレスを解消したりすると、女性ホルモンのバランスも整えられます。

育毛サプリや女性用育毛剤を併用する

日常的にできるつむじへの薄毛対策方法と一緒に併用すると効果的なのが、育毛サプリや女性用育毛剤です。育毛サプリは健やかな髪の生成をサポートする栄養素が配合されたサプリメントで、食事や生活習慣の改善だけでは補いきれない髪の毛のための栄養素を効率よく摂取できます。

女性用育毛剤は、つむじに直接作用するタイプのものも多く販売されています。女性用育毛剤は、使い方や配合されている成分も製品によって異なるので、つむじの薄毛に効果的な女性用育毛剤を選んで使用するのがポイントです。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る