今日からできる!薄毛に悩む女性のためのくしやブラシの使い方

薄毛対策でくしやブラシを使うポイントとは?

プラスチック製は控える

薄毛に悩む方が使ってはいけないくしやブラシが、プラスチック製で先がとがっているものです。プラスチック製のものは、髪の毛をとかしている時に静電気が発生しやすく、髪の毛や頭皮にダメージを与えてしまい、抜けやすくしてしまいます。薄毛に悩む女性の方は、プラスチック製ではない木製やゴム製のくしやブラシを選びましょう。

髪の毛を洗う前に使う

髪の毛が絡まっている状態で髪の毛を洗うと、洗っているときや乾かしているときに絡まりやすくなります。髪の絡まりを解くために無理に引っ張ってしまうと髪の毛根や頭皮を傷めることになり、薄毛の原因となってしまいます。シャンプーする前にあらかじめ、くしやブラシで髪の毛をとかしておくと、髪の毛が絡まるのを防いでスムーズに髪の毛が洗えます。

さらにあらかじめ、くしやブラシで髪の毛をとかしておけば、汚れやシャンプーも洗い流しやすくなります。頭皮や毛根に汚れやシャンプーの洗い流し忘れが溜まると炎症やかぶれ、皮脂の過剰分泌が起きるので同じく薄毛の原因となってしまいますが、くしやブラシでとかしておくことで、薄毛の原因となる汚れや洗い流し忘れも防げます。

朝や出かける前に使う

くしやブラシで髪の毛をとかすと、適度な刺激となり頭皮の血行を促進させます。髪の毛は一定のサイクルで古い髪の毛が抜けて新しい髪の毛が生えてくるのを繰り返しています。新しい髪の毛が生えてくるためには、頭皮の血流にのって運ばれてくる栄養素が必要ですが、血行が何かの原因で滞ってしまうと、頭皮まで栄養が届かず新しい髪の毛が生えてこなくなり、薄毛の原因となってしまいます。

くしやブラシで朝や出かける前にブラッシングをしておくと、頭皮の血行が促進されて、女性の薄毛対策にもなります。

ドライヤーでブローしてから全方向にとかす

くしやブラシを使う前に、ドライヤーでブローをして髪の毛を乾かしてとかしやすいようにしましょう。また、頭皮を均等に刺激するために、髪の毛全方向をブラッシングすると効果的です。

強くとかしすぎない

適度なブラッシングは薄毛対策にも効果的ですが、強くとかしたり、頻繁にブラッシングしすぎたりすると、頭皮や毛根にダメージを与えてしまい、逆効果です。適度なブラッシングを心がけましょう。

ブラッシング以外にもできる!女性の薄毛対策とは?

髪の毛は洗い過ぎない

髪の毛や頭皮に残った汚れは抜け毛や薄毛の原因となりますが、逆に洗い過ぎてしまうと必要な皮脂まで流してしまい、逆効果です。よって、シャンプーは2度洗いはやめて代わりにシャンプー前にブラッシングをするようにしましょう。また、シャンプーは爪を立てずに優しく洗い、すすぎはしっかり行ってシャンプーの洗い流し忘れを防ぎましょう。

髪に必要な栄養素をきちんととる

古い髪の毛が抜けて新しい髪の毛が生えるには、アミノ酸やたんぱく質などの栄養素が必要です。ところが、体の栄養素が不足していると末端にある髪の毛や頭皮まで栄養素が行き渡らず、新しい髪の毛が作られなくなってしまい、薄毛の原因となります。食事のバランスを見直したり、睡眠や休息をとってストレスや睡眠不足を防いだりして、栄養不足とならないようにしましょう。

仕事などで忙しく、食事は外食やレトルトに頼りがちの方などは育毛サプリメントを利用すると便利です。食事だけでは補いきれない、髪の毛に必要な栄養素を効率よく摂取できる育毛サプリメントを利用すれば、忙しい中でも健康な髪の毛を生成するサポート効果が期待できます。

育毛剤を使用する

適度なブラッシングをしたり、使っているくしやブラシの材質を見直したり、生活習慣を整えたりしても薄毛が改善されない場合は、育毛剤の使用も有効です。近年では女性用の育毛剤も多く販売されていて、気軽に使用できるタイプもあります。

自分の薄毛の症状や気になることへの効果が期待できる育毛剤を選ぶと、効果的な薄毛のケアにも繋がります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です